今どきの自動審査は超スピーディー!即日キャッシングの希望を叶えます!!

スピーディーな自動審査で即日キャッシングが可能に

キャッシングの利用申請をすると,必ず審査が行われます。この審査は簡単に分けると,2回行われます。1回目は,コンピュータによる自動審査です。

 

キャッシングの利用申請をするときには,職業,年収や財産の有無,家族構成,キャッシングの利用状況等を記入します。それらの情報を客観的に数値化して,その数値を元にコンピュータで審査します。2回目は,人の手による本審査です。自動審査を元に,より丁寧な審査を行います。

 

スコアリングシステムはスピーディーかつ正確な審査を後押し

スコアリングシステムとは,自動審査のときに使われている申請者の属性を数値化するシステムです。多くの金融機関で導入されています。その最大の特徴は,審査時間が短く済むことです。スコアリングされる項目には,職業や家族構成,持ち家かどうか,ローンの有無,他社のキャッシングの取引状況などがあります。

 

スコアリングシステムの導入は,審査の手間を省くだけが目的ではありません。同時に,貸倒れ率の計算もします。「融資をするのに値するかどうか」とか,「どのくらいの額までなら融資可能か」といった判断の決定をします。
つまり,スコアリングされた数値によって,融資の可否,融資額,金利を決めているのです。

 

一般的に,金利が低ければ低いほど,審査基準は厳しく設定されています。なぜならば,貸倒れが起こってしまった場合の損害が大きいからです。審査基準は,金融機関ごとに設定されています。ただし,〈銀行系のカードローンは審査基準が厳しめ,消費者金融系は審査基準が甘め〉…と広く知られているようです。

 

自動審査の後は,より精確な本審査

前述しましたが,消費者金融系のキャッシングは審査基準が甘めです。そのため,自動審査をパスすれば,多くは本審査もパス→融資を受けられるという流れになります。自動審査にパスしたからといって,安心しすぎてはいけません。自動審査の後の本人確認の電話に出ないとか,収入証明書の提出をしないといったことをすると本審査にパスしない事態になりかねません。消費者金融系のキャッシング審査にパスできない理由の多くは,そういった自動審査後の対応を怠っていたことにあります。ですから,自動審査後も融資を受けられることが正式に決まるまで,誠実に対応することが大切です。

 

一方,銀行系のキャッシングは審査基準が厳しめです。自動審査後も,細部にまでわたってチェックをします。そのため,審査が厳しい上に時間もかかります。消費者金融系のキャッシングの中には即日キャッシングを強みにしている会社もありますが,銀行系の場合,審査にパスするまでに1週間以上かかることもままある話です。審査にパスした後も,すぐに手元に現金が届くわけではありません。予め,利用申請から審査,融資を受けるまでの時間の計算をしておくとよいと思います。

 

即日キャッシングでも申請時間には注意が必要

消費者金融系のキャッシングは,その早さが銀行系にはない強みです。しかし,現金の受け渡しに銀行振込みを希望する場合は,14時までに申請手続きを済ませる必要があります。現金の受け渡しに銀行振込みを希望しない場合は,自動契約機を利用するなどで14時以降でも融資額を手元に受け取ることはできます。

 

自動契約機の営業時間内であれば,必要書類を提出すると,その場で専用のローンカードが発行されます。ローンカードを受取った後はすぐに,提携ATMからキャッシングを利用することも可能です。自動契約機で利用申請から全ての手続きを行おうとすると,審査結果が出てローンカードを受け取るまでに45〜60分くらいかかることになります。

 

事前にインターネットで利用申請→審査まで済ませておけば,自動契約機でローンカードを受け取るだけであまり待つ必要がありません。待ち時間を持て余すこともありませんので,事前にインターネットで利用申請をすることをお勧めします。ちなみに,インターネットによる利用申請はPCはもちろん,スマホからも簡単に手続きできます。

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ