4つのポイントを押さえて融資を受ける

予定外の事が起こったり、どうしてもお金が必要になる事が無いとは言えません。即日借り入れの必要がある場合には、以下のポイントを押さえて融資を受けましょう。

 

金融機関の選択

即日融資対応の金融機関かどうかを予め確認しましょう。即日融資に対応していない金融機関へ行ってしまうと、時間のロスになってしまいます。また、職業がパートやアルバイト、主婦の場合には借り入れの審査自体が出来ない金融機関もあるため注意しましょう。

 

現状の借り入れ状況を確認しておく

貸し過ぎや借り過ぎを防ぐ総量規制によって年収の3分の1を超える融資は原則として出来なくなっています。借入金をまとめる「おまとめローン」など総量規制対象外のものもありますが、既に借り入れを行っている場合には収入に対して借り入れの額が3分の1を超えていないかどうかを確認しておきましょう。

 

融資金額を低めに設定する

初めての利用で50万円以上の融資を受ける場合や、他社での借り入れと合わせて100万円以上の融資額になる場合には返済が可能な収入があるかどうかの確認として、「収入証明書」の提出をしなくてはなりません。借り入れをするということは、金融機関からお金を借りると言う事です。つまり、お金を貸した金融機関側は返済をせずに逃げられてしまうかもしれないと言うリスクを負うことになるため、利用者がきちんとお金を返せるかどうかの審査を行います。

 

審査の基準は家族・職場(収入)・他社からの借り入れ・住居形態・過去の借り入れなどが総合して判断されます。審査の本質は、借りたお金をちゃんと返せるか、万が一の時にも回収できるかどうかの2点です。そのため安定した収入のある人や、持ち家に住んでいる人、過去の借り入れが無い、または過去の借り入れをきちんと返済した実績のある人は審査でも有利になります。

 

逆に収入の安定していない職業やパート・アルバイトの人は審査で不利になる事もあります。そして過去の借り入れで未納や延滞といったトラブルを起こした人は審査に通らない場合もあるので注意しましょう。明らかに返済が無理な額の借り入れ申請を行っても決して審査は通りません。必要最低限の中で確実に返済のできる額を申請しましょう。

 

正直に記入・提出する

借り入れの履歴や滞納の有無などは、個別の会社ごとではなく信用情報機関と言うところに一括して記録が残されています。そのため、嘘を記入したり、大げさに書いたりすると、嘘が判明した時点で審査自体を打ち切られてしまう事があります。

 

融資希望額をできるだけ少額にするだけではなく、個人情報や利用目的についても正直に正確に記入しましょう。融資の申請は申請の書類、そして個人を証明する運転免許証などが必要になるため、必ず身分証も携帯して行きましょう。

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ