何時でも融資可能ではありません、確認を!

24時間受付とは、24時間融資対応という意味ではありません

24時間受付と謳う金融機関はたくさんあります。しかしながら、その意味は24時間融資可能と言っているわけではありません。24時間、受付に対応しているということです。融資してもらう際には審査が必要とされ、その時間を待たなければならず、申し込む時間帯の違いや混雑具合によっては融資が翌営業日になってしまうことがあります。即日融資を希望する際は、確認しましょう。

 

申し込みが早ければ早いほど即日融資されやすい

即日融資を希望するのであれば、午前中の申し込みが不可欠と言ってよいでしょう。タイムリミットは、平日14時まで。これは、キャッシング会社から銀行口座への振込がなされても、銀行側の反映が基本的に平日15時までとなっているからです。

 

銀行カードローン、消費者金融のキャッシングの両方とも同様です。キャッシング審査が早いとされているキャッシング会社であっても審査の所要時間は30分以上とされていますので、午前中に申し込みを済ませておくことが確実です。

 

どうしても間に合わなかった時の自動契約機

午前中のキャッシング申し込みが出来なかったり、審査の回答が14時を過ぎてしまったことで即日融資に間に合わなかった時は、キャッシング会社からの振込を銀行振込以外にする方法があります。金融機関で設置されている自動契約機を利用すればよいのです。自動契約機にローンカードを発行してもらうことによって、本支店ATMや提携するATMより即キャッシングが可能です。自動契約機であれば、土日祝日に関係なく利用でき夜間営業もしていますので大変便利です。

 

自動契約機を操作する中で、困ったことが起きてしまっても機械に搭載されているテレビ電話などでオペレーターにつながりますので安心です。必要な身分証明書などの提出も読み取り機で行えます。賢いキャッシングのやり方としては、まずインターネットで申し込みの手続きをして、審査の回答が平日14時以内に出来るのであれば銀行振込でOKですし、平日14時を過ぎてしまう場合は、店舗か自動契約機を利用するのがよいでしょう。店舗、自動契約機の営業時間は地域で異なることがあります。確認をお忘れなく。

 

カードローン、キャッシングの振込が同じ銀行の場合

振込時間の反映について、銀行カードローンの場合同じ銀行間の取引の際は、15時以降でも振込反映されます。例えば、みずほ銀行カードローンを利用したとします。申込者が同銀行の口座を持っていて、審査が15時までに済んだのならばその後は、夜間であっても土日であっても取引可能です。

 

それから、ネットバンキングの口座を持っている方ですと24時間取引ができます。キャッシング会社からの振込口座をネットバンキングの口座にしておけば、時間にとらわれずコンビニのATMから出金が可能です。詳細は、公式サイトまで。

 

消費者金融での即日キャッシングは審査に時間を要することもある

これまで掲げた即日キャッシングの方法は、いずれも審査が滞りなく済んだ場合の話です。審査に時間がかかって長引くような時もあります。特に、申込者の返済能力に不安材料がある場合は、即座に審査回答が出されません。

 

このことは理解しておく必要がありますね。即日融資を希望している場合は、審査が早めの大手消費者金融がおすすめです。銀行カードローンは、審査に時間がかかるとされています。裏ワザとして、2つの金融機関に申し込んでおくというのがあります。

 

一方の審査がダメでも、もう一方の審査が通るという場合があるのです。2つの金融機関の選び方として、1社は確実に審査にパスできそうなところを選ぶことです。両方の審査に落ちてしまっては効率的ではないですからね。計画的にスムーズな行く方法を検討して下さい。

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ