即日融資は審査が短時間で完了!その分審査基準も甘くなってるの?

キャッシングの即日融資に申込むと、その日の内に審査が終了して借り入れ金を受け取ることができます。審査は早ければ30分程度で完了してしまいます。審査に時間がかからないので、簡単な審査しか行っておらず審査基準が甘いのではないか?と思われるかもしれません。ですが、即日キャッシングでも審査はしっかり行われており、他の融資とくらべて極端に基準が甘いことはありません。

 

昔に比べて融資にかかる時間が短くなり即日での借入れができるようになったのは、コンピュータやネットを利用した自動化が進んでいるからです。基準が甘くなってるわけではありません。昔は審査においてはキャッシング会社の人間が申込者の情報をチェックして融資の判断を行っていました。しかし今では主なキャッシング会社はどこもコンピュータによる自動審査です。

 

コンピュータは個人信用情報機関にネットワークでアクセスし情報を参照します。個人信用情報機関にはキャッシングやクレジットなどの利用データが登録されているため、このデータと申込者の個人情報の属性からコンピュータが自動でスコアを付けていきます。このスコアリングシステムを用いて審査基準を満たしているかをコンピュータが自動で判断し、審査を行うことで審査時間が大幅に短縮されました。現在では早ければ30分程で審査が完了するほどスピーディになり、即日融資が可能になりました。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

 

キャッシング審査って厳しい?

また、申込み手続きの受付時間も昔にくらべ拡大しています。有名キャッシング会社の自動契約機は日本中のどこの地域でも見かけますが、土日祝日も遅い時間まで稼働しています。自動契約機では申込み手続きを行うことができその場で審査結果を待って、審査を通過すれば自動契約機からローンカードが発行されます。あとはローンカードで提携ATMから借り入れ金を引き出すことができるようになります。

 

ただ、自動契約機が夜遅くまで営業していても、勤務先への在籍確認はどうなるのか?と疑問に思われる人もいるでしょう。キャッシングの審査においては、申込書で申請された勤務先に本当に勤めているかを確認するため、キャッシング会社が勤務先に電話をかけて確認を行います。会社の営業時間外の申込みでは在籍確認ができないため即日にはキャッシングできないのではと思われるかもしれません。

 

ですが、会社の営業時間外でも書面による在籍確認を行うことができるのです。本当にその会社に勤務している事が証明できる書類、たとえば最新の給与明細や国保以外の会社でもらう健康保険証などを提示することで、在籍確認の代わりとするキャッシング会社もあります。

 

こういった電話以外の方法での在籍確認により、会社の営業時間外の申込みでも即日での融資を受ける事が出来ます。注意しておかなければならないのは、キャッシング会社によっては申込みの際に書面での在籍確認を行う事を申し出ないと、電話による在籍確認になってしまい翌日の審査になってしまいます。また、書面による確認の際には限度額を低めにローンカードを発行し、電話での在籍確認が取れ次第限度額を引き上げるところもあります。

 

キャッシング会社だけでなく銀行カードローンでも即日融資が可能なものもあります。今はキャッシング会社でも大手のところは金融機関の傘下となっていることがあります。銀行グループに入ってキャッシング会社のスピード審査のサービスを提供しているというわけです。こうしたキャッシング会社をグループ傘下にしている銀行カードローンでは、キャッシング会社と同じく最短30分での審査などが可能になっています。ただし銀行カードローンは基本的に消費者金融系のキャッシング会社にくらべて審査基準が厳しめです。審査時間は短くても基準が甘いわけではありません。

即日融資に何かと便利な消費者金融

 

初めてのキャッシング

キャッシングはテレビのコマーシャルでも盛んに目にするサービスですが、いざ利用となるとよくわからないという方も少なくありません。また同じキャッシングでも銀行系と消費者金融系の違いもあります。

 

少ない額で即日キャッシングを利用したい場合、消費者金融のメリットは大きいです。特に初めての申し込み限定で、一定期間無利息サービスがあるのは消費者金融ならではです。

 

多くの消費者金融は、自動契約機を色々な所に設置してあります。その他にもインターネットや電話、郵送等申し込み方法は様々あります。夜遅くまで営業している会社もあり、銀行系に比べると即日キャッシングができる可能性が高いです。

 

キャッシングの方法

消費者金融でキャッシングを利用するには条件があり、満20歳で安定収入がある事が最低限必要です。雇用形態は正社員に限らず、アルバイトやパート、自営業であっても金額の大小に関わらず収入が安定していれば大丈夫です。

 

審査申し込み

まず最初に審査を申し込みます。本人確認書類は絶対に必要になるので、運転免許証や保険証、パスポートなどを用意しましょう。申し込みはインターネットであれば本人確認書類の提出も含めて全て行う事が可能なので、自分のペースでできて便利です。

 

自動契約機や店頭窓口であれば、審査の間待ち時間はありますが融資までの全てをそこで済ませる事ができます。特に自動契約機は土日祝日も夜遅くまで営業しています。

 

審査
審査では事前に申告した情報に基づいて調査が行われます。具体的には勤務先への在籍確認の電話、信用情報機関への照会で個人の借り入れ状況や返済実績等の確認が行われます。

 

審査は通常30分程度で終わって、その後すぐに結果の報告があります。

 

契約、借り入れ
審査に無事通過したら、さらに契約手続きを進める事になります。もし希望融資限度額が50万円以上で、他社との借り入れ合計額が100万円以上になるのであれば、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必須になります。

 

収入証明書としては、源泉徴収票、確定申告書、直近2カ月分ほどの給与明細書等が使用できます。個人事業主の場合には、収入証明書は必ず提出する事になりますので確定申告書の控えを用意しましょう。

 

最後にATMでのキャッシングに使用するカードが発行されます。(契約前に発行する会社もあります)カードが発行されたら、専用、提携ATMでのキャッシングができるようになります。

 

消費者金融にも法律で決まったルールがある

消費者金融には総量制限という法律の定めがあって、収入の3分の1を超えた融資ができない事になっています。

 

手軽に借りやすいとはいえ、既に多くを借りていたり過去に金融事故を起こしていたりすると審査には通らない事もあり得ます。

 

審査の申し込みに先立って不安や疑問がある場合には、事前に各金融会社に問い合わせて相談してみる事をおすすめします。

 

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
 
更新履歴